大神神社の結婚披露宴会場大正楼

婚礼衣装レンタル

大神神社結婚式の婚礼衣装

HOME >大神神社の結婚式 >和装婚礼衣装

料理旅館大正楼では、大神神社・橿原神宮・石上神宮における結婚式の婚礼衣装レンタルも承っております。

白無垢、色打掛、紋付袴、十二単、束帯、衣冠、花嫁かつらの文金高島田、あんみつ姫、おすべらかし、綿帽子、角かくし、はこせこ飾り、こうがい等々、 和装ブライダル全般を取り扱っております。

十二単の婚礼衣装レンタル おすべらかし

十二単の婚礼衣装と花嫁かつらのおすべらかし。

気品高い十二単の婚礼衣装

三輪神社で十二単の結婚式を挙げる

平安時代の女性貴族の正装である十二単と、高貴な雰囲気漂うおすべらかし。

十二単とは通称であり、正しくは女房装束、あるいは「五衣(いつつぎぬ)、唐衣(からぎぬ)、裳(も)」と呼ばれます。 長袴をはき、単、五衣、打衣、表着、唐衣を着用し、裳をつけて桧扇(ひおうぎ)を持つスタイルです。

花嫁かつらとして人気のおすべらかし。前髪を左右に張り、全体の髪の毛を頭の頂きにまとめ、その末を後ろに長く下げる髪型です。 女性皇族が伝統的儀式に参列する際の礼装は、十二単におすべらかしと決まっています。

白無垢、色打掛、紋付袴の婚礼衣装

婚礼衣裳 婚礼衣裳

大神神社祈祷殿前、料理旅館大正楼渡り廊下にて撮影。

スタンダードな婚礼衣裳も取り揃えております。大神神社境内や当館大正楼の客室や中庭に於いて、一生の思い出に残る記念写真をお撮り頂くこともできます。

挙式当日の控室・美粧室

結婚式における控室や美粧室としても、当館の客室をどうぞご利用下さい。1室1日税込6,000円にてお貸出し致しております。

婚礼衣装の角隠しには、「角を隠して夫に従順に従う」という意味が込められています。純白の綿帽子にも、純真無垢の花嫁の姿が映されます。 一生に一度の晴れ姿をお好みの婚礼衣装でコーディネートしてみましょう。

かんざしレンタル 十二単と束帯

十二単の花嫁の隣に凛として立つのは、束帯姿の花婿。

束帯(そくたい)とは平安時代の宮廷男子の正装を意味します。石などの飾りが付いた革の帯(石帯)で、表着(うわぎ)などを 束ねて着るところから「束帯」と呼ばれています。現在においても、皇室の即位の礼や婚礼の際に着用される十二単は、花嫁の憧れの的ではないでしょうか。

婚礼衣装レンタルのご相談

和装婚礼衣装レンタルのご相談は、料理旅館大正楼の婚礼受付窓口にて承っております。
ご来館の際は、必ずお越し頂く日時のアポイントをお取り頂いた上でご来館下さいますよう、重ねて宜しくお願い申し上げます。